2013年08月23日

いも麹 芋(初年度蒸留バージョン)


焼酎保管場所(単なる「本棚」とも言う…)の奥から、こんな焼酎を発見しました!

いも麹 芋(初年度)

いも麹 芋

現在の「いも麹 芋」は、4合瓶、1升瓶ともに同じデザインですが、初めの頃は、4合瓶については、写真のように、「いも麹 芋」の由来がびっしりと書かれた「熱い」ラベルが使われていました。

続きを読む
posted by 所長 at 22:10| Comment(1) | 国分酒造<芋><米>

2013年02月22日

2013年01月23日

2011年12月12日

黄麹蔵


黄麹蔵

国分酒造の「国分 黄麹蔵」をロックで飲んでみました♪

正直な第一印象は…

続きを読む
posted by 所長 at 22:42| Comment(0) | 国分酒造<芋><米>

2011年07月02日

2007年09月17日

苦みも重要な要素なんです!


今日は水割りで…

今日は「てっまえ」の水割りを飲んでみました。

予想通り?ライトな飲み口で、芋の甘みが口の中にやさしく広がります。ただ、私の体型…(失礼!)体調の問題もあるかもしれませんが、少し苦みを感じてしまうのが気になります。

こんな苦みはなくなってしまえ〜!!!

と思うのですが、お湯割りにした時には、この苦みが切れの良さに変化するので必要なのです。この辺りの微妙さが、焼酎の味を決める際の難しさだと思います。

さて…続きを読む

2007年08月31日

「てっまえ」をお湯割りで…


今日はお湯割りで飲んでみました♪

今日は、「てっまえ」をお湯割りで飲んでみました♪
ロックで飲んだ時に、かなりマイルドに感じたので、やや濃いめのお湯割りにしてみました。

先日感じたピリピリ感は全くなく(あの時は開封直後でしたので…)、たっぷりとしたやさしい甘みが口の中に広がりました。雑味というものは全くなく、透明感をある綺麗な焼酎です。最後口の中に残るふわ〜っとした芋の香りが心地良いです。

このお湯割りにした時の、ほんわか〜♪としたやさしい飲み口は、とても魅力的です。

2007年08月28日

てっまえ


てっまえ

このブログでリンクしている旨稲Blog酒のいちかわさんに「てっまえ」という芋焼酎を送っていただきました。

裏ラベルを読むと、「芋から育てるMyプロジェクト」というタイトルと一緒にこう書いてあります。

■原料製作
南風の匠工房(永峯和幸・真一親子)を中心とした農家と有志約80名が参加。
芋・米作りに汗を掻き、仕込みを見守り、年に一度のMy芋焼酎。今感激と喜びに酔う。
続きを読む

2007年08月23日

女王蜂

女王蜂

ん?何だこの焼酎は???

と、見たことも聞いたこともない銘柄に、ついつい手が伸びた焼酎は、国分酒造の「女王蜂」という、黄麹仕込みの芋焼酎です。

国分酒造には、「黄麹蔵」という、やはり同じ黄麹仕込みの芋焼酎がありますが、ネットなどで調べてみると、この「女王蜂」の正体は、「黄麹蔵」の可能性が高いです。(「黄麹蔵」です!←確認済み)

さて、味はというと…

続きを読む