2007年09月15日

西道行


古酒も美味いものです!

この「西道行」は、横須賀市にある掛田商店のPBで、「青潮」を代表銘柄とする、甑島の西酒造場の芋焼酎です。購入当時の話を思い出すと、20数年間地下室で眠っていた(忘れられていた?)芋焼酎があって、それを瓶詰めしたものがこの「西道行」だということでした。49?/500というシリアルナンバーが入っているので、限定500本だったのかもしれません。あれからさらに6年を経過していますので、私の手元にある「西道行」は、約30年古酒ということになります。

久々に飲んでみると…30度というアルコール度数(現在は30度はないと思いますが…)なのに、全くピリピリ感はなく、普通の芋焼酎では感じられない甘みあるまろやかな口当たりに、古酒ならではの素晴らしさを感じます。それに、バニラというかバナナのような香りを感じ、芋焼酎ではない別の飲み物?に思うのですが、ウイスキーでもない、ブランデーでもない、ウオッカでもない、米焼酎でもない、麦焼酎でもない、黒糖焼酎でもない…と考えてゆくと、やはり芋焼酎なのです。印象としては、大石酒造の兜釜式蒸留で造られる「がんこ焼酎屋35度」と似ています。(30年の古酒と肩を並べる「がんこ焼酎屋35度」は凄いです!)

どちらかというと新酒が好きな所長としては、古酒はあまり好きではなかったのですが、久々に飲んでみて、古酒ならではの素晴らしさ・魅力を感じることが出来ました。所長自身も熟成されてきた…ということでしょうか。
posted by 所長 at 22:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 西酒造場<芋>
この記事へのコメント
こんにちわ
わたしは西醸造の青潮20周年記念
というのを持ってますが原酒は同じなのでしょうか?
Posted by リエゾウ at 2007年09月19日 13:48
リエゾウさん、こんにちは!

そうなんです!以前ネットでも

「西道行」と「青潮」の20年古酒は同じでは?

と話題になっていました。西酒造場は、台風の被害?で、長年焼酎の造りを休んでいた蔵ですので、そういろんな古酒があるとは思えませんので、多分、

同じ!

だと思います。実際のところは、聞いてみないと分かりませんけど…

ところで、20周年記念というのは、20年古酒のことですか?
Posted by 所長 at 2007年09月19日 20:11
こん**は
そうです20年古酒です。
4,5年前に@5000.-で売られてました。独特の風味があったのを覚えてます。当時台風の被害で焼酎作りを
断念していたのを再開した記念とありました。
Posted by リエゾウ at 2007年09月20日 11:48
これは、かなり高い確率で同じ焼酎ですね…
Posted by 所長 at 2007年09月20日 23:03
青潮原酒は20周年ではなく、60周年でないですか?
Posted by 青潮原酒 at 2016年12月04日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8308297

この記事へのトラックバック