2013年08月14日

高峯高原ホテル到着!


高峯高原ホテル入り口

高峯高原ホテル

今回の帰省の最大イベントは、標高2000メートルにある雲上の宿、「高峰高原ホテル」に宿泊することです。

下界の小諸市街地から車で30分ほど上がったところに、「高峰高原ホテル」はあります。小諸市の標高は679メートルですから、30分で、一気に1300メートル登ることになります。そのため、耳が「きーん!」となります。注目していた気温は、車の温度表示が32度→24度に下がりました。到着して、車のドアを開けるとすぐに、今の下界では考えられない、爽やかな風を感じることができました♪

ちょっと残念…

晴れていれば…

この日は、残念ながら曇り空。(夏はあまりスッキリ!と晴れないのでしょうか?)状態が良ければ、富士山まで見えるようですが、霞の合間から、佐久市と小諸市だけを何とか見ることが出来ました。遠くの山々を見ることが出来なかったのは、かなり残念でしたが、いつもは遥か上に見えている雲が、横に見えているのは面白い風景でした。

噴火警戒レベル?!

周辺案内図

登山道入り口

ホテルの周囲を散歩してみると、黒斑山への登山道の入り口がありました。

posted by 所長 at 22:02| Comment(0) | 芋焼酎日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: