2010年04月25日

熊澤酒造訪問A


五十嵐杜氏

今は清酒の造りの時期ではないのですが、せっかくなので蔵の中を見学させていただきました。杜氏の五十嵐さんが案内をしてくださいました。

とても小さな蔵でびっくりしましたが、穏やかにそして、熱く、「天青」への思いを語る五十嵐杜氏からは、丁寧に丁寧に酒を造っている姿勢が感じられました。

次回は造りの時期に見学したいと思います。
posted by 所長 at 22:40| 芋焼酎日記

熊澤酒造訪問@


熊澤酒造

今日は、チーム纜で清酒「天青」を造っている「熊澤酒造」へ行ってきました。これまで「纜」主人と所長が一緒に出掛ける時には、かなりの確率で雨!以前、宮崎の蔵元さんをふたりで訪ねた時には、4月だというのに台風に遭ってしまうなど、超雨男振りを発揮したのですが、今日はなぜか?快晴で、何となく不思議な気分でした…

蔵元創作料理 天青

横浜から約40分ほどで相模線の香川駅、そして徒歩10分ほどで「熊澤酒造」へ到着します。まずは、「熊澤酒造」が経営している和食レストラン、その名もずばり「天青」へ行き、昼食を取りました。料理はコース、そして飲み放題を付けました。飲み放題の清酒は3種類(少なっ!)。「風露天青」「曙光吟醸酒」「たる酒」を飲むことが出来ます。そして、「熊澤酒造」が造っている地ビール(湘南ビール)を5種類飲むことが出来ます。

続きを読む
posted by 所長 at 21:20| 芋焼酎日記

2010年04月02日

シェフスペシャル@ザ・フジヤ


2日目の夕食は「富士屋ホテル」のメインダイニング「ザ・フジヤ」で、「シェフスペシャル」のコースをいただきました。昨晩の料理が、少しばかり所長的には期待外れだったので、今日は期待を込めて、思い切って料理を奮発しました!

シャンパンを飲みながら、まずは

食前のお愉しみ

【食前のお愉しみ】

「パテ・ド・カンパーニュ」です。しっかりと肉肉しい食感です。あまりにあっけない大きさに、食欲のスイッチが入ります!

続きを読む
posted by 所長 at 23:46| Comment(0) | 芋焼酎日記

2010年04月01日

思わず絶句…


「菊華荘」でお酒を注文しようとメニューを開いたら、こんなものを発見してしまいました…

えっ?!

思わず「………(絶句)」

ところで、「ボトル」ってどんなボトルなのでしょうか。値段からいって1升瓶だと思うのですが、清酒は全部720mlだったので、もしかしたら芋焼酎も4合瓶かもしれません。

あまりの恐怖に、1升瓶なのか、それとも4合瓶なのか、聞くことの出来ない所長でした。
posted by 所長 at 22:59| Comment(0) | 芋焼酎日記

菊華荘@箱根富士屋ホテル


猛烈な風と雨の中、箱根宮ノ下にある「富士屋ホテル」へと到着しました。遊園地での雨との格闘で、すっかりテンションの下がった所長は、早速温泉に入って気分をリセットしました。

夕食は日本食を食べてみようと思い、ホテルと道を挟んで建っている「菊華荘」へ行きました。この建物は、明治28年、皇室の宮ノ下御用邸として造られた、大変由緒ある建物です。ホテルとは、ひょい!と道を渡ったらすぐに到着!なのですが、雨ということで、ホテルの方が車で送迎してくれました。

ちょっと緊張します…

食事をいただいた場所は、いくつかの部屋のふすまが外され大広間となっていて、そこに大きな漆塗りのテーブルが7つほど置いてあって、それぞれ仕切られていました。女中さんによると、所長のテーブルの場所は、かつて昭和天皇の御寝所(寝床です!)だったところということでした。(少し複雑な気分…)

そんな歴史ある空間でいただいた料理は…

続きを読む
posted by 所長 at 22:42| Comment(0) | 芋焼酎日記

リフレッシュ旅行へしゅっぱ〜つ!


所長は今日からリフレッシュの為、箱根へと向かいました。ホテルでの〜んびりと温泉にでも入りながら、美味しいものをたらふく食べてこよう♪というわけです。昼前に横浜を出発し、海老名サービスエリアでちょっと早めの昼食を取ることにしました。

ビジュアル最高ーっ!

サービスエリアの建物に入ってすぐにお寿司屋さんがあったので、かなり腹ぺこ状態の所長は突撃ーっ!寿司1.5人前+天ぷら+茶碗蒸し+蟹汁という、BIG♪なセットを注文しました。

しかし、

続きを読む
posted by 所長 at 22:08| Comment(2) | 芋焼酎日記