2007年09月30日

しあわせ きよし


しあわせ きよし

昨晩、「大井更科」主人から頂いた焼酎。その名も

しあわせ きよし

一体どんな素性の焼酎なんでしょうか?ネーミング、ラベルと、ある意味(どんな意味?)非常に斬新というか…あまりに素人っぽい…いや、素朴というか…

「きよし」って言われると、頭に浮かぶのは、

ズン、ズンズン、ズンドコ♪

のきよし君なんですけど…

今のところ、白金酒造製の芋焼酎ということ以外、全く不明(ネットでも見付からず…)です。
posted by 所長 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 白金酒造<芋>

御湖鶴 純米 あおラベル ひやおろし


御湖鶴 純米 あおラベル ひやおろし

昨晩、「大井更科」主人からもう一本頂いたのが「御湖鶴 純米 あおラベル ひやおろし」です。蔵は、所長の故郷、長野県の下諏訪町にある「菱友酒造」です。

何でも、「大井更科」主人の後輩が清酒造りに携わっているということで、「飲んでみて〜」と持ってきてくれました。(いつもありがとうございます!)

今年の猛暑の中、じっくりと熟成してきたこのひやおろしを、冷蔵庫で冷やして、大切に飲みたいと思います♪(楽しみ〜)
posted by 所長 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 菱友醸造<清酒>

2007年09月29日

纜保育園?!


「チーム纜」のメンバー武雄山関です!

今日は、「チーム纜」のメンバーである大相撲の武雄山関がファミリーで「纜」へいらっしゃるということで、それならば

2階を貸しきりにしてしまおう!

と、Hさんの企画で「チーム纜」が集合しました。しかし、今回はいつもと雰囲気が違う?!…というのは、武雄山関がファミリーでいらっしゃるならば、こちらもファミリーで!と、Hさんが気を遣ってくれて、多数の子供…というか赤ちゃんが参加したのです。これならば、親としては、周りのお客さんを気にすることなく楽しむことが出来ます♪(Hさん、ありがとうございます!)

こんな素晴らしい環境の中での子連れミーティングでしたが…続きを読む
posted by 所長 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎日記

2007年09月28日

「薩摩 志」を飲んでみました♪


飲んでみました♪

ここ数日間、風邪を引いてしまい鼻づまりの状態(これでは味が分からない…)の所長でしたが、その症状も大分改善されたので、気になっていた「薩摩 志」を飲んでみました♪

裏ラベルに「この焼酎は、現代の味とはかけ離れた味わいだが…」とあり、昔の芋焼酎の「古き良き味」を表現したということで、興味津々、今日はロックでのんでみました。続きを読む
posted by 所長 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 軸屋酒造<芋>

2007年09月27日

やぶそば@横浜そごう


今日も美味しかった♪

ここ数日間体調が悪く食欲ももう一歩(おっ!珍しい!!)。こんな時には、美味しい蕎麦が食べたくなります。

…ということで、横浜そごうにある「やぶそば」へGO〜!

蕎麦処信州の出身(しかも超蕎麦好き!)ということもあり、蕎麦にはかなり厳しい所長ですが、この「やぶそば」の蕎麦は大好きです♪(基本的に冷水で締められていることがポイント!)

いつもならば、蕎麦を酒菜に清酒を頂くところですが、今日は止めておきました。(残念!)
posted by 所長 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長の食べある記

2007年09月26日

所長はなぜ新酒にはまったのか?


所長はなぜ新酒にはまったのか?

と、自分に問い掛け、「う〜ん…」と考えた結果思い出すのが、この(写真の)新酒!

これが初めての新酒だったかな…

これが所長にとっての初めて飲んだ新酒だったと思います。撮影日を見ると「2001年3月8日」となっていますので、今から6年前のこととなります。

青々しい風味の白く濁った焼酎にびっくり!したことを今でも覚えています。子供の頃年賀状用に作った芋版を彷彿させるその風味に、すっかりはまってしまったのでした。続きを読む
posted by 所長 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎日記

2007年09月25日

いよいよ新酒の季節到来♪


出来たてホヤホヤ♪

お盆明けから各蔵では本格的に蒸留が始まりましたが、それから1ヵ月半程経過しました…ということは…そろそろですよね…

新酒〜♪

新酒好きの所長にとっては待ちに待った季節の到来です!

さつま大海新酒、紫尾の露新酒が所長のお気に入りです!それと、少し熟成してからの登場となりますが、木樽蒸留器を一新した今年の「萬膳」の味に注目です!!

早く飲みたいーっ!!!

ちなみに…続きを読む
posted by 所長 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎日記

2007年09月24日

源流至高の一滴「薩摩 志」


薩摩 志


「なかなか」主人から鹿児島土産に頂いた、源流至高の一滴「薩摩 志」は、霧島市にある川畑商店のPBです。軸屋酒造に芋を持ち込み蒸留した焼酎です。

裏ラベルにはこう書いてあります…続きを読む
posted by 所長 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 軸屋酒造<芋>

2007年09月23日

あっ!馬刺しを食べ忘れた…


あっ!馬刺しを食べ忘れた…

と、適当な理由を付けて、今日も「なかなか」へ行きました!

世の中は3連休!と盛り上がって?いますが、所長は、この3連休は仕事。仕事だ!と言われれば行かなくてはいけないのは分かってはいるのですが、日曜日というのは、気持ちも身体もすっかり休日モードになっているので、日曜日の出勤はとても辛いです…。心身共にすっかり消耗した状態で「なかなか」に到着しました。

お〜、エネルギーが甦る!

まずはビールを一杯♪今日のお通しは、大好きな「白キムチ」。早速「白キムチ」をパリッ♪ビールをゴクッ♪とやった瞬間に、身体の中にエネルギーが甦りました!(←所長の仕事の疲れなんてこんなもんなんです!)

続きを読む
posted by 所長 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 所長の食べある記

2007年09月22日

よし!今日は「なかなか」へ行こう!!


よし!今日は「なかなか」へ行こう!!

と思い立ち、一刻も早く飲みたい気持ちで、タクシーでびゅ〜ん!と行きました。

こぶくろ刺し

とりあえずのビールをきゅーっ♪と飲んだ後、お薦めが書かれている黒板を見ると「こぶくろ刺し」の文字が…。先月、近々鹿児島・宮崎へ行くという「なかなか」主人に、所長一押し!のあの店を紹介したので、もしかして…と思って注文してみましたが、

こちらが本家?のこぶくろ刺し
↑こちらが本家?の「やまや」のこぶくろ刺しです!

思った通りやはり!あまりの美味しさに、2日間連続で通ったという、騎射場にあるホルモン焼きの「やまや」の「こぶくろ刺し」をまね参考にしたとのことでした。

続きを読む
posted by 所長 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長の食べある記

2007年09月21日

ボデガ閉店…


ボデガ看板

ちょっと古いニュース…

最近はすっかりご無沙汰状態でしたが、開店以来、所長にとってのワイン学校的存在であった「ワインバー ボデガ」が、先月末をもって閉店しました。(残念…)

「ボデガ」マスターとママの作る、ワインと相性ピッタリ♪の美味しい料理と、お薦めのワインを楽しみながらワインの話をするのは、本当に楽しい一時でした。

来月末頃には、同じ場所で、マスターが新しいコンセプトでのお店を出すようです。ワインバーとして「ボデガ」は無くなってしまいましたが、懐かしの「ボデガ」料理は、新しいお店でも食べることが出来るようなので(多分…)、そちらに期待です!

「ボデガ」マスター、ママお世話様でした…続きを読む
posted by 所長 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎日記

2007年09月20日

重大プロジェクト進行中?


さて、どんな焼酎に…

ただ今、芋焼酎研究所では重大プロジェクト!が進行中です!!

それは…

所長好みの芋焼酎を造っちゃえーっ!

というプロジェクトです。

でも…続きを読む
posted by 所長 at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋焼酎日記

2007年09月19日

飛乃流朝日・壱乃醸朝日


飛乃流朝日・壱乃醸朝日

昨晩、富田さんとお話をしたということもあって、今日は無性に黒糖焼酎が飲みたくなり、焼酎保管場所をゴソゴソ…

ほとんどが芋焼酎なので、選択肢は無いのですが、「龍宮」「無濾過原酒 まーらん舟 2006」「「龍宮」SUNCUP」「陽出る國の銘酒 2001」「飛乃流朝日」「壱乃醸朝日」の中から、久しぶりに「飛乃流朝日」と「壱乃醸朝日」を飲んでみました。続きを読む
posted by 所長 at 22:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 朝日酒造<黒糖>

2007年09月18日

富田さんの父親参観!


みんなで記念写真♪

あ〜あ、疲れたな〜

と、今日も無事に仕事が終わり、帰り支度をしていた時に「纜」主人から電話。

ん?何だろう?

と出てみると、

今日、トミーのお父さんがいらっしゃるんだけど、所長も来ませんか?

という嬉しい電話♪トミーのお父さんということは、富田酒造の富田さんがいらっしゃるということ…速攻ーっ!で家に帰り、(もちろん、これまた速攻ーっ!で)「纜」へ向かいました。続きを読む
posted by 所長 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎日記

2007年09月17日

苦みも重要な要素なんです!


今日は水割りで…

今日は「てっまえ」の水割りを飲んでみました。

予想通り?ライトな飲み口で、芋の甘みが口の中にやさしく広がります。ただ、私の体型…(失礼!)体調の問題もあるかもしれませんが、少し苦みを感じてしまうのが気になります。

こんな苦みはなくなってしまえ〜!!!

と思うのですが、お湯割りにした時には、この苦みが切れの良さに変化するので必要なのです。この辺りの微妙さが、焼酎の味を決める際の難しさだと思います。

さて…続きを読む

2007年09月16日

甘い!甘過ぎる〜!!(花泡泡酒)


冷蔵庫から久々に登場!

今日は、6月に購入し、そのまま冷蔵庫に放りこんで…いや、保管しておいた「花泡泡酒」を飲みました。ラベルを見たら、賞味期限が今月末!賞味期限があるとは思っていなかったので、ちょっと焦りました。。。

キンキンに冷えていて美味しそう〜♪でも、長期間の保管によって、澱が出ていたので瓶を上下にしてから、シャンパングラスに注ぎました。ピンク色の中にシュワシュワッと泡が立ち上がり、思わず喉がゴクリ…

早速飲んでみました!が…続きを読む
posted by 所長 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 丸本酒造<清酒>

2007年09月15日

西道行


古酒も美味いものです!

この「西道行」は、横須賀市にある掛田商店のPBで、「青潮」を代表銘柄とする、甑島の西酒造場の芋焼酎です。購入当時の話を思い出すと、20数年間地下室で眠っていた(忘れられていた?)芋焼酎があって、それを瓶詰めしたものがこの「西道行」だということでした。49?/500というシリアルナンバーが入っているので、限定500本だったのかもしれません。あれからさらに6年を経過していますので、私の手元にある「西道行」は、約30年古酒ということになります。

久々に飲んでみると…続きを読む
posted by 所長 at 22:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 西酒造場<芋>

2007年09月14日

レアものになり損ねたマッチ!?

レアもの確定!と思ったのですが…
これは、白石酒造のレギュラー酒「天狗櫻」のマッチです。「酒の辰己」に行った時にいただいたものです。

以前日記で触れましたが、一時期「天狗櫻」のラベル(レッテル)は、マッチにあるデザインから、筆文字へと変わりました。

おっ!これはレアものになるかも…

と思っていたのですが、この度元のデザインに戻ったことによって、めでたくこのマッチはレアものになり損ねました…

でも今の時代、マッチ自体がレアかもしれません。
posted by 所長 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 白石酒造<芋>

2007年09月13日

日本の政治にはどんな焼酎の味が必要か?


焼酎タイムの始まり始まり♪

いきなりですが…

日本の政治ってどうなっちゃうんですかね〜

先日の参議院選挙惨敗でも責任を取らなかった安倍首相が、テロ特措法の成立の見通しが立たないことを主な理由として、「や〜めた!」と辞任してしまいました。これって考えようによっては、日本国民に対してではなく、アメリカに対して責任を取ったということにもなります。

小泉首相のもとで生き生きと政治活動をしていた安倍首相には期待したのですが…ナンバーワンになってはいけない(なれない)、ナンバーツー器っているんですね。続きを読む
posted by 所長 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎日記

2007年09月12日

30年寝ちゃった古酒!?


おっ!歴史を感じるこの徳利は何?

この徳利は、2004年に「纜」主人と宮崎〜鹿児島を回った時に、ある酒屋さんの棚の奥から発見され頂いた「西海の薫」です。徳利のふたがお猪口になっています。(狸の置物が持っているみたい…)その酒屋の主人曰く、「30年位前に原口酒造からもらって、そのまま忘れていた…」ということでしたので、この「西海の薫」は「30年寝ちゃった古酒」ということになります。

果たして飲むことが出来るのか?

非常に疑問かつ興味がありますが…続きを読む
posted by 所長 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 原口酒造<芋>